病院で受けるてんかん治療

病院で受けるてんかん治療の基本といえば、薬物療法です。
抗てんかん薬の内服によって治療が開始されます。
その抗てんかん薬では、カルバマゼピンが代表的です。
商品名は、テグレトールといいますが、脳の異常や興奮を抑制する薬です。

現在の抗てんかん薬の作用は、てんかんの原因そのものを治すというよりも、てんかんの発作を抑制することが目的となっています。
それにより、てんかんの発作が起こりづらい環境にすることを目指す治療が行われます。

現在は、10種類以上の抗けいれん薬が市販されていますので、薬の選択もてんかんの種類や年齢に応じて使い分けるようになりました。

そのため、部分発作は カルバマゼピンいわゆるテグレトールが適しており、全般発作はバルプロ酸が第一選択薬として推奨されています。
服薬量は、薬ごとに投与量と推奨の血中濃度が決まっています。

テグレトールは、ネット販売でも入手が可能になって来ている医薬品ですが、副作用のチェックも必要です。
たとえば、眠気やふらつきが出現して来ますので、慣れない場合には投与量を減らすこともあります。
体質による副作用としては薬疹もありますので、薬疹が出現したら通常では投与を中止します。
さらに、長期間服薬することで、注意する副作用として肝機能障害や腎機能障害、あるいは、貧血や白血球減少など重篤なものもあります。

ですから、ネット販売でも入手は手軽にできるようになったとはいっても、医薬品ですのでテグレトールを服用している間は、これらの症状がないか経過を観察しておく必要があります。

医薬品であり副作用は個人差がありますが、継続できる程度の副作用であれば、てんかん治療のためにはテグレトールを服用して行くことでコントロールが出来る優れた薬です。

ネット販売で入手する際にも、副作用や用法、用量など詳しい添付文書を熟読しておくのが賢明だといえます。