てんかんの再発率

てんかんといえば、その症状の再発率は決して低くはありませんが、医薬品を使用することによってその再発率を軽減させることができます。
てんかんに使用される医薬品にはいろいろなものがありますが、中には市販では手に入らないテグレトールのような医薬品もあります。
テグレトールは、脳内神経の興奮状態を鎮静しててんかん発作を抑制することができますが、国内では医師の処方がないと手に入りません。
個人輸入ができるネット販売から購入することができますが、その際には注意が必要です。
一つは、服用によって起こる可能性がある副作用を確認しておくことです。
テグレトールの副作用には各種多彩な症状が報告されています。
吐き気がしたり、尿が出なくなったりする急性腎不全、かゆみ、発疹、褐色の尿が出ること、発熱、食欲不振、だるい、肝臓の思い症状が出ることもあります。
また遅発性の過敏症状も報告されていますが、その中には、リンパ節の腫れ、皮膚や白目が黄色くなる症状もあります。
ネット販売でテグレトールを買う場合は、こうした副作用をチェックしておくようにしましょう。
また、ネット販売ならではのデメリットも確認おく必要があります。
例えば、個人輸入の場合であれば、輸入税や検疫手数料がかかることも考慮しておかなければなりませんし、送料が割高になること、さらには製品が手元に届くまで時間がかかることも考えておかなければなりません。
個人輸入で医薬品を買うことは、国内より安価な値段で入手できるなどメリットもありますが、偽物を購入してしまう可能性などデメリットも少なからずあります。
この点で、安全に品質のいい医薬品が買えるように信頼できる輸入代行業者を選ぶことも大切です。