一過性意識消失の原因

一過性意識消失という症状があります。
日常用語としては、失神とか気絶とかいった言葉で語られていることが多いです。
一過性意識消失は、大脳皮質全体、もしくは、脳幹の血流が瞬間的に遮断されることによって発生する瞬間的な意識消失発作のことなのです。
通常はしばらくすれば回復するのが普通です。
後遺症としての意識障害を起こすことはありません。
失神の直前に、目の前が真っ暗になる印象があったり、めまい、悪心などを覚えることが多いです。
その後は顔面が蒼白となって、意識を失ってしまいます。
一過性意識消失の薬物療法としては、テグレトールが、一般的には推奨されています。
テグレトールとは、成分名カルバマゼピンの商品名です。
てんかんの発作を予防する薬として定評があり、また、躁うつ病の治療や、神経痛の緩和にも使われています。
脳神経の興奮を沈静化して、てんかん発作を予防いたします。
とりわけ、部分発作の場合に効果が高いです。
さまざまな運動症状のほか、感覚異常や自律神経失調、精神変調、無反応などの部分発作のときには、大いに有効です。
このテグレトールという医薬品は、ネット販売も行われています。
ネット販売ですが、多くは、中にどんな商品が入っているかがわからないように配慮されています。
価格的な優位性もさることながら、ネット販売ですと、プライバシーが保護されるというメリットもあります。
ただし、あくまでも医薬品ですので、服用していて異常を感じた場合は、すぐに医療機関に行って、医師に相談することが必要です。
本来は、医師に医薬品を処方してもらうのが望ましいのですが、事情でそれができない場合は、ネット販売でテグレトールを購入することも可能です。